1. ホーム
  2. インテリア・住まい・小物
  3. テーブル
  4. 和の逸品 至福の囲炉裏
【内祝い】 百貨店 和の逸品 至福の囲炉裏 onlineteknikservis.com onlineteknikservis.com

和の逸品 至福の囲炉裏

17550円

和の逸品 至福の囲炉裏

商品の状態未使用に近い
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域愛知県
発送までの日数1~2日で発送









囲炉裏セット(未使用品)になります。 住宅環境が変わった為、出品とさせて頂きました。 新品購入後は、暗所にて保管しておりました。 定価は、55,000円になります。 日本製です。 コンパクトで重量感のある、囲炉裏です。 直ぐ使えるよう炭や灰などセットになっておりますので特に初心者の方にはぴったりかと思います。説明書も付いてますので、ご安心してご使用頂けます。 プチプチにて梱包し、段ボールに入れ発送させて頂きます。 ※以下、メーカー引用 コンパクトに手軽に、いつでも楽しめる本格囲炉裏セット。 フタを閉じればちゃぶ台としても使用出来るので、 一年を通して使えるのがうれしい! そろばん屋のインテリア。 400年の伝統と歴史を誇る兵庫県小野市の 『播州そろばん』の製造技術の匠の技を活かした、 産地の手作り加工品です。 ●置き場所は自由自在。気軽に和風のなごみを楽しめます。 ●和の良さを楽しめる、囲炉裏セット。コンパクト・軽量なので移動も楽々。炉を使わない時はフタを閉じればちゃぶ台としても使える、一年を通してご使用頂ける重宝な逸品です。 フタには四隅のうち一隅にそろばんの製造技術である「ハト目」を目印として付けてあり、その裏側が斜めにカットされていますので、押さえると反対側の隅が浮き上がり取り外しやすくなります。 ステンレスの炉を持ち上げると内部に空きスペースがありますので、炉を使用しない時にはそこに灰ならしや火箸など、小物を収納していただけます。 サイズ/本体:縦380×横300×高さ120㎜  炉(内部):縦185×横185×深さ78㎜ 本体重量:約4490g 材質/ホワイトアッシュ・ステンレス 付属品/五徳(鉄製)、木灰(国産灰使用)、火箸(真鍮製)、灰ならし(ステンレス製)、切炭(国産材使用、約2回分)

和の逸品 至福の囲炉裏

COURREGES COTTON TANK TOPニット帽シュプリーム×スラッシャー☆希少XLサイズ即完売モデルジャケットビジネス 不良債権 債権管理 事業再生 サービサー まとめ売りMiki House HOT BISCUITSセット飛行機模型 ディズニー BOEING 777-200 Disney送料込み カリモク家具 3人がけソファ アンティーク9014良品8D/08年レッドウィングベックマン黒フェザーストーンブーツ9414⭐️GW限定価格⭐️Apple Watch⭐️SE(GPSモデル)40mmクッション 低反発 座布団 高品質プリュイ ホーンクラウンプリシラ 人毛ミックスカバーピースタミヤ ミニ四駆 RC 工具セットAcne Studios アクネ ストゥディオズ トートバッグ エコバッグ早いもの勝ち‼️NIKE AIR JORDAN 1 MID 28cmパンツ チノパン アズールバイマウジーORAZIO LUCIANO ネイビー ダブル スーツBEIGE, ベイジ ZENNOR ノーカラージャケット&スカート ゼナー自宅で筋肉をほぐす!クルシオ電動マッサージャー

新着記事

小説を旅する

DUEL ART高橋和希 イラスト集 遊戯王 デュエルアート コレクション

主人公である東京在住の「わたし」は、母と2人で35年前に住んでいた野付牛町(現北見市)に、4歳で倒木の下敷きで事故死した妹の墓参りに行く。しかし、墓の場所がわからなくなり2人は落胆。その時に、かつての知り合いに偶然出会い、元気を取り戻す。

2022/07/27

小説を旅する

小さい予言者(浮穴みみ)

戦時中、上空知という炭鉱町にタクトという不思議な少年が現れる。炭鉱町にはびこる不自由さを皮肉ったいたずらは、子どもたちの喝采を浴びる。「日本は負ける。炭鉱は終わる」という予言と共に、タクトは姿を消す。友人の範夫は、人生の晩年に炭鉱町を再び訪れ、タクトの予言を噛みしめる。

2022/07/20

小説を旅する

久恋の積丹半島をさぐる日(幸田文)

作者は雑誌社の企画で、積丹半島を旅行した。岩内やニセコ国定公園の雷電海岸をはじめ、余市から積丹半島の漁村を周る日程である。その時の様子を、紀行文の形で記した。

2022/07/13

小説を旅する

チーム・オベリベリ(乃南アサ)

明治時代、十勝開拓の先駆けとなった晩成社の物語が渡辺カネの視点から語られる。カネは、晩成社3幹部の一人、渡辺勝の妻であり、同じく幹部の鈴木銃太郎の妹である。リーダーの依田勉三を中心にチームとして開拓に取り組んでいくが、度重なる困難に絆は崩れていく。

cucuru トーク帽

小説を旅する

「ニセコ街道をゆく(『わがラストラン、北海道』より)」(芦原伸)

大学を卒業して雑誌編集者となった“私”が、冬の函館本線(山線)に沿って長万部から倶知安までを歩き、倶知安から余市までSLに乗り、さらに余市から小樽まで歩く。『わがラストラン、北海道』収録の、第三章「ニセコ街道をゆく シロクニ(C62)の幻影」より。

2022/06/29

小説を旅する

新十津川物語(川村たかし)

明治22年8月、奈良県十津川村は未曽有の集中豪雨に見舞われる。三日三晩降り続いた雨は山津波を引き起こし、村は崩壊した。村人の三分の一が家屋敷を失い、新天地を求めて北海道への開拓移住を決めた。両親を失った津田フキ9歳はたった一人の身内の兄と共に十津川村を後に北へ向かう。

2022/06/22

小説を旅する

向田理髪店(奥田英朗)

やたらに広い自然の中に、使用されない公共施設が点在する。人よりも牛の数が多い。財政が破綻した小さな町で理髪店を経営する父は、店を継ぐと言う息子に困惑する。そんな中、長閑な集落地に起きる騒動や予期せぬ事件に関わりながらも、やがて町の未来に期待を抱くようになる。

エルゴベビー 360 クールメッシュダウンレインカバー、抱っこ紐カバー

特集

下宿屋さんは令和も健在!~「下宿 上野」の今昔物語

昔ながらの学生街にふさわしい、懐かしい響きを持つ「下宿」。北海道大学そばで半世紀近く営業する「下宿 上野」は、多くの学生たちを受け入れてきた。祖父母、母からバトンを受け継ぎ、三代目管理人となった山下雅司さん(34)は「“食”と“住”で支えたい」と語る。

2022/04/27

小説を旅する

硝子を破る者(中谷宇吉郎)

真冬の満員電車の中で、「戦争に敗けたんだから」という言葉を平気で使っている日本人に疑問を持った著者は、自身が体験した2つの泥棒被害と終戦直後の国情を通して、これからの難局を生きる日本人に何が大切かを、1946(昭和21)年8月1日付の月刊誌「朝日評論」に説いた。

2022/04/13

特集

北大南門エリアヒストリー〈記憶をたどる〉

北大南門から徒歩3分ほどの場所に1903年築の洋館がある。札幌農学校出身の工学博士・坂岡末太郎が住宅として建て、1919年に北海新聞の創立メンバー・阿部宇之八が移り住んだ。洋館はマンションなどに囲まれながらも、阿部家の末裔が暮らす家として、今も息づいている。

2022/04/06

アーカイブ

ENGLISH